公開履歴
スプーンの上にある黄色のカプセル

花粉やハウスダスト、ペットの毛などを知らず知らずに吸いこんでいることもあります。
知らず知らずのうちに花粉やハウスダストを吸いこんでいると、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状がでるアレルギー性鼻炎になります。
最初の頃はまったく自覚症状はないので、気にしていない人もいますが、次第に体内の抗体が増え、ある時急に発症することが多いです。
アレルギー性鼻炎が進行すると、目がかゆくなったり涙が止まらなくなるなどの症状が現れることもよくあります。
ひどくなると日常生活や仕事にも悪影響がでるので気をつけましょう。

ハウスダストやダニ、ペットを飼うことが原因で発症するのを通年性アレルギーといい、スギ花粉が原因で発症するのを季節性アレルギーと言います。
アレルギー性鼻炎は合併症を起こしやすい恐ろしい病気で、子供の小児喘息をおこす可能性もあるので、自覚がないからといって放っておくと大変なことになります。
喘息などは大人になるにつれて自然に治ることもありますが、アレルギー性鼻炎は自然治癒はほとんどないので、早めに専門医に相談して、対策を考えることが大事です。

アレルギー性鼻炎の初期は自覚症状がないので、知らないうちに症状が進行していることもよくあります。
体内の抗体がある一定の量になると、くしゃみや鼻水などの症状が出始めます。
くしゃみや鼻水の症状が出ても風邪と勘違いする人も多く、放って悪化させてしまいかなりの重症になるケースもあります。

アレルギー性鼻炎の症状は、朝晩に現れるケースがとても多いです。
なぜ朝晩に症状が現れやすくなるかというと、朝晩は自律神経のバランスが崩れやすくなるからです。
症状が現れた時は、かなり病気が進行している証拠なので、できるだけ早目に専門医に相談したり検査を受けることが大事です。

また、アレルギー性鼻炎などが慢性化してしまっている場合には薬を常備しておくことで楽になれます。
ザイザルやアレグラはアレルギーを抑える効果があり、通販サイトでも簡単に購入できるのでチェックしてみましょう。
アレグラにはフェキソフェナジンという成分が含まれています。
フェキソフェナジンはヒスタミンH1受容体拮抗薬と呼ばれていて、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンという物質を抑える働きがあります。
またアレルギー諸症状を抑える薬は眠気などの副作用が出ることがおおいですが、フェキソフェナジンは眠気が少ないと言われています。
アレルギー症状で困ったら、フェキソフェナジンが配合されているアレグラなどを使ってみると良いでしょう。

記事一覧
紫のカプセルとりんご

コンタックの成分であるセチリジン塩酸塩は、アレルギー性鼻炎にも皮膚掻痒症にも効果があります。 他に、...

せきが出ている女性

抗アレルギー薬として用いられる塩酸セチリジンは、抗ヒスタミン薬で、副作用が少ないため、しばしば治療に...

花粉のために、調子が悪くなる女性

アレルギーが他の人に移るということはありえません。 アレルギー反応というのはその人の持っている白血球...

せきが出る男性

食物アレルギーには色々な種類があります。 代表的なのは、以下の4つのタイプです。 1つ目は新生児・乳...