• ホーム
  • アレルギーは他の人に移るの?

アレルギーは他の人に移るの?

花粉のために、調子が悪くなる女性

アレルギーが他の人に移るということはありえません。
アレルギー反応というのはその人の持っている白血球、免疫細胞によって起こるもので、細菌やウイルスによって起こるものではありません。
細菌やウイルスによって起きている病気、風邪その他の感染症であれば、もちろん細菌やウイルスの種類にもよりますが、接触や飛沫、その他のルートにより他の人に移ることは十分あり得ます。
実際、そのように移ることが問題になっている病気も数多くあります。
インフルエンザはその代表ですし、少し前にアフリカで問題になったエボラ出血熱も同じです。
ところがアレルギーというのはそういう病気ではありません。

アレルギー反応というのは、例えば花粉のような、体にとっての異物を認識し、それを排除しようとする反応の一つです。
この認識をしているのは白血球の一つです。
花粉なら花粉を認識していて、その花粉がまた入ってきたときにはそれを排除しようとする働きがあります。
これは実は免疫反応の一種です。

花粉によりくしゃみや鼻水が出るのも、花粉を体から排除しようとしている働きに他なりません。
ところがくしゃみや鼻水は自分自身にもあまりよろしくないために、アレルギー反応と呼ばれているだけです。
つまり、アレルギーが起きるためには、その人が持つ、異物を既に認識している白血球が必須となります。
当たり前のことですが、接触や飛沫によって白血球が他の人に移ることはありません。
ですから、アレルギーは他の人には移らないのです。

花粉症の人のくしゃみで何かが移るとすれば、それはアレルギーそのものではなくて、くしゃみの飛沫に含まれている何らかのウイルスが移るということは考えられます。
それはアレルギーそのものではありません。

関連記事