• ホーム
  • 抗アレルギー薬塩酸セチリジンを使う治療方法

抗アレルギー薬塩酸セチリジンを使う治療方法

せきが出ている女性

抗アレルギー薬として用いられる塩酸セチリジンは、抗ヒスタミン薬で、副作用が少ないため、しばしば治療に使われます。
アレルギー性疾患の症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑える薬で、アレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹、皮膚瘙痒症に伴うかゆみなどの治療に使用します。
商品名「ジルテック」などが有名です。
副作用は比較的少ない薬ですが、時にはアナフィラキシーのような症状、痙攣、肝機能障害、黄疸、血小板減少などが見られることもあります。
眠気や口の渇き、吐き気、嘔吐、下痢、尿潜血、尿蛋白、頻尿、肝炎、頭痛、めまい、味覚異常などが起こることもありますので、そうした症状があったら使用を中止し、医師の指示に従うことです。

ジルテックはアレルギー症状に悩む患者にとっては、かなり有効な薬です。
アレルギー症状が重篤で、悪化の一途をたどっているような状況のときは、効き目が穏やかなこの薬よりも、ステロイドを使用するほうが適切と言えます。
症状の進行が抑えられ、一段落したあとは、ステロイドの使用は徐々に減らしていき、抗アレルギー薬を長期服用して体質改善を図る方法が用いられます。
ステロイドは急性期には非常に効果が高い薬ですが、劇薬という側面もあるため、長期使用は避けるべきだからです。
ステロイドの強力な作用でかろうじて抑えてある症状を逆戻りさせないためには、高アレルギー剤を欠かすことなく補給し、アレルギー症状を抑えていかなくてはなりません。

ジルテックに代表されるこの薬の副作用は、ステロイドと比較するとそれほど深刻なものではないため、長期服用してもそれほど悪影響は及ぼしません。
薬の効き方は穏やかな分、安心して長期服用し、体質改善していけます。

関連記事