• ホーム
  • 様々ある食物アレルギーの種類

様々ある食物アレルギーの種類

せきが出る男性

食物アレルギーには色々な種類があります。
代表的なのは、以下の4つのタイプです。

1つ目は新生児・乳児消化管アレルギーです。
稀ですが、新生児のときに牛乳が原因で発症します。
嘔吐、下痢、血便といった消化器系の症状が多いですが、ほとんどは症状が出ても2歳までも治ると言われています。

2つ目は、食物アレルギーが関与している乳児アトピー性皮膚炎です。
乳児期のアレルギーといったら、大抵はこのタイプです。
生後間もなく顔から湿疹があらわれ始めて、治療をしても改善しにくいことが多いです。
この湿疹のすべてが食物アレルギーに関係しているわけではありませんから、医師の診断を受けて対処していく必要があります。
原因食物で多いのは、牛乳、鶏卵、小麦、大豆、などです。
これも成長とともに自然に症状が出なくなっていくケースが多いです。

3つ目は、即時型のアレルギーです。
原因食物を食べた後、すぐに症状があらわれるタイプです。
皮膚症状が多いですが、他にも呼吸器や消化器に症状があらわれます。
アナフィラキシーというショック状態に陥る危険な症状を伴うことも少なくありません。
原因食物は年齢により異なります。
乳児では牛乳、鶏卵、小麦が多くて、学童期以上では果物類、甲殻類、小麦などが多くなっていきます。

4つ目は、特殊型のアレルギーです。
食物依存性運動誘発アナフィラキシーと、口腔アレルギーの2つに分けられます。
前者は特定の食物を食べて、さらに運動すると症状があらわれます。
小麦、えび、かになどが原因食物になります。

ただし、運動をしない限りは症状があらわれません。
後者は、野菜や果物を食べた後に口の中が腫れたり、イガイガする症状を伴います。
花粉症持ちの大人に多く、特定の花粉と関連のある果物や野菜を食べた時に症状があらわれます。

関連記事